入れ歯が合わない症状について| 東広島市の歯医者 東広島市黒瀬木村歯科医院

平日は毎日診療!個室有ります。バリアフリー設備完備。キッズルーム完備。
お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ

入れ歯が合わない症状について

Pocket

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

 

歯が抜けてしまった治療の一つである入れ歯では、「しっかり噛める」ことが前提となります。せっかく入れ歯治療を進めたのにもかかわらず、入れ歯が痛い、入れ歯が合わないなどがあると日々の食事も楽しむことができません。そこで今回は入れ歯が合わない症状の理由を解説します。

 

入れ歯が合わない理由

患者さんの中には、複数の歯科医院で入れ歯の調整をしたり、作り直したりする方も多いです。さらに調整することもあきらめて、柔らかいものだけを食べる方も少なくありません。そのような場合、食事が偏ることで全身の健康にも悪影響を及ぼします。このように入れ歯が合わない理由には、入れ歯の変形や顎の骨の変形が挙げられます。

 

入れ歯の変形

入れ歯は長い期間使用していると変形することがあります。例えば、素材によっては長い期間使用したことにより、水分を含んでしまい入れ歯が合わなくなることがあります。また入れ歯に歯石が溜まっていたり、欠けたりしている場合は歯ぐきと入れ歯にすき間が生じて合わなくなることもあります。このような場合は歯科医院での調整や作り直しをすることで解消されることが多いです。また入れ歯ではメンテナンス不要と考える患者さんも多いですが、定期的に歯科医院でのメンテナンスを受けることをおすすめします。

 

顎の変形

顎の骨は年齢問わずに絶えず変形しています。変形とは骨が吸収されることで起こることを指しており、その原因は歯周病に罹患したり、歯を失ったりすることが原因とされています。たとえば歯周病が進行すると顎の骨にまで到達し、顎の骨が吸収されて入れ歯が合わなくなることがあります。

 

高い入れ歯はトラブルが起きにくい?

では保険が適用しない自費の入れ歯ではどうでしょう。自費の入れ歯では保険診療のものとは異なり、素材や精度の優れている入れ歯です。素材によって長年使用しても変形しにくいものもありますが、顎の変形はご自身の骨の問題になるため止めることはできません。ただ入れ歯は定期的な調整をしながら使っていくことで保険の入れ歯とは異なり、長く使用することができるでしょう。

 

まとめ

入れ歯が合わなくなる原因には入れ歯の変形や顎の変形が挙げられます。これらの症状を改善するためには治療だけでなく適切なメンテナンスも重要です。入れ歯が合わないなと感じたら歯科医院に相談することをおすすめします。

 

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

お口の悩みや不安などお気軽にご相談ください。 メールでのご予約・お問合せはこちら
お気軽にお問合せください お問合せフォームはこちら
木村歯科医院

〒739-2612
広島県東広島市黒瀬町丸山1420-1
ビッグハウス黒瀬店横(黒瀬支所隣)

バリアフリー施設

当院は高齢者やお身体の不自由な方のための訪問診療(往診)にも積極的に 取り組んでおります。お気軽にご相談ください。

耳の不自由な方には筆談診察を行っております。安心して受診して頂けます。

  • 初診の方へ
診療案内 メニュー
求人情報
  • ネット予約24時間
  • 子育て応援イクちゃんサービス加盟医院
  • 広島市にお住まいのかたへ