入れ歯のメリットを徹底解説| 東広島市の歯医者 東広島市黒瀬木村歯科医院

平日は毎日診療!個室有ります。バリアフリー設備完備。キッズルーム完備。
お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ
Pocket

2021/08/20

入れ歯のメリットを徹底解説

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

 

何かしらの理由で歯を失った場合、歯を補うために「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の治療方法から選択する必要があります。なかでも「入れ歯」を選択した場合、メリットがあるか知りたいと思っている方もいるはず。今回は「入れ歯のメリット」について解説します。

 

入れ歯の5つのメリット

噛めないといわれている入れ歯ですが、実は多くのメリットがあります。

 

ブリッジと比べて歯を削る量が非常に少ない

入れ歯はブリッジと比べて歯を削る量が非常に少ないため、他の歯に負担がかかりません。

ブリッジは歯を失った両隣の歯に被せ物をして、橋渡しのような形で失った歯を補います。そのため健康な歯を大きく削る必要があります。

入れ歯は支えとなる歯にバネを掛けて、入れ歯を固定します。バネを引っ掛けるため歯をほんの少し削ることがありますが、ブリッジと比べると削る量は非常に少なくてすみます。

 

どんな口の状態でも入れ歯は製作できる

入れ歯はどんな口の状態でも製作できます。

例えばインプラントは骨の量が十分でないと、埋入が難しいとされています。またブリッジでは両隣の歯がしっかりしていないとブリッジにすることができません。

入れ歯は骨の量が少ない、両隣の歯がしっかりしていない、残っている歯の本数が少ないなど、どんな状態でも入れ歯を製作することが可能です。

 

取り外しが可能なため、衛生的に保てる

インプラントやブリッジでは取り外しができないため、歯垢といった汚れが溜まりやすいのに対して、入れ歯は取り外しが可能なため清潔に保つことができます。

そのため毎日入れ歯を外して洗浄しなければなりませんが、ドラッグストアなどで手に入る、入れ歯洗浄剤を使用することで簡単に除菌ができ、いつもきれいな入れ歯を使用することができます。

 

入れ歯は修理が可能

万が一、入れ歯が欠けたり割れたりした場合、既存の入れ歯のまま修理できる可能性があります。

ブリッジが割れたり欠けたり、抜けてしまった場合は既存のブリッジを外し、一から作り直す必要があります。そのため再度歯を削る必要があり、費用や時間がかかります。

インプラントの場合、被せものが割れたり欠けたりすると素材によって作り直しや、修理が必要になります。またインプラントが抜けてしまった場合、一から検査をし再度埋入します。

 

インプラントと違い外科的処置の必要がない

入れ歯は歯型を採って製作します。インプラントと違い外科的処置の必要がないため、身体的、精神的負担がほとんどありません。

またインプラントは外科的処置を行うため、高血圧や糖尿病に罹患しているとインプラントが埋入できない可能性があります。

 

まとめ

歯を失ったときは歯を補うため治療の選択を選ぶ必要があります。最善な治療方法を選択をするためにはそれぞれの治療方法、メリット、デメリットを事前に理解しておくことが大切です。

 

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

Pocket

2021/08/20

マウスピース矯正とワイヤー矯正の違いを解説!

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

 

矯正といわれると、ワイヤー矯正を思い浮かべる方も多いはず。しかし近年ではマウスピース矯正を選択される方が増えてきました。マウスピース矯正とワイヤー矯正での違いは?と疑問に思った方もいるはず。
そこでマウスピース矯正とワイヤー矯正の違いを解説します。

 

マウスピース矯正とワイヤー矯正の違い

マウスピース矯正とワイヤー矯正は、歯に力をかけて動かす方法は同じです。しかし、両者には以下の違いがあります。

 

対応できる症例の違い

ほとんどのマウスピース矯正は、前歯や歯の一部を動かす矯正に特化しています。マウスピースの種類によって、歯にアタッチメントと呼ばれる装置を装着して難症例にも対応はできますが、矯正できうる症例は限られています。

ワイヤー矯正ではどんな症例でも矯正治療が可能です。

見た目の違い

マウスピース矯正では透明で薄い装置を使用するため、ほとんど目立ちません。

ワイヤー矯正では金属のブラケットと呼ばれる装置を歯に装着し、ワイヤーを通しますが、白いブラケットやワイヤーがあり、目立たずに矯正治療ができる材料が開発されています。

また、裏側矯正では、歯の裏側に装置を装着するため、目立たずに矯正が行えます。

痛みの違い

マウスピース1枚につき0.25mm歯を動かすため、痛みが少ないといわれています。

ワイヤー矯正では、歯に装置をつけるため、違和感や装置が当たってしまい傷ができる可能性が高く、痛みが出やすくなります。

食事の取り方について

ワイヤー矯正は取り外しができないため、食事の際は食べ物が挟まったり、食べにくかったりしますが、マウスピース矯正は、食事の際は取り外していつも通りの食事ができます。

むし歯や歯周病のリスクの違い

マウスピース矯正は取り外して歯磨きができるため、むし歯や歯周病のリスクは軽減できます。

一方、ワイヤー矯正では装置の周りに汚れが付きやすく、歯磨きを怠ってしまうとむし歯、歯周病になるリスクが高くなります。

費用の違い

矯正の費用は症例によって異なり、マウスピース矯正は300,000〜1,500,000円、ワイヤー矯正では500,000円〜1,500,000とどちらも高額な治療です。

ワイヤー矯正でも白いブラケットやワイヤー、裏側矯正を選択した場合は別途費用がかかる傾向にあります。

矯正期間の違い

矯正期間の違いはほとんど変わりません。目安の期間は半年〜2年と長期間を必要とします。

また、矯正後の保定期間も両者とも半年〜2年必要です。矯正期間や保定期間は症例によって大きく異なります。

 

まとめ

マウスピース矯正は取り外しが可能な装置で、ワイヤー矯正では取り外しができません。そのことからワイヤー矯正は食事や歯磨きの際は面倒ですが、ほとんどの症例に対応ができます。ワイヤー矯正でも、目立たずに矯正が可能です。

費用と期間はさほど変わらないことから、マウスピース矯正とワイヤー矯正で悩まれている方は、ご自身がどのような症例で、どれが適切な治療方法かを歯科医師とよく相談をしましょう。

 

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

Pocket

2021/08/20

インプラントと差し歯の違いは?差し歯に使われる被せ物の種類について解説

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

 

インプラントと差し歯は見た目が良く似ていますが、治療方法は大きく異なります。中にはインプラントと差し歯の違いを分らず、差し歯をインプラントと勘違いをしている方も少なくありません。今回はインプラントと差し歯の違い、差し歯に使用される被せ物について紹介します。

インプラントとは

インプラントとは歯を失った場合に歯を補う方法として用いられる治療方法の一つです。顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込む手術が必要になります。その上に被せ物をして失った歯を補います。

差し歯とは

差し歯は歯の根っこが残っている状態に対して土台を入れてから被せ物をする治療方法です。つまりインプラントは歯を失った際に行われ、差し歯は歯が残ってい状態で行われる治療方法になります。

差し歯に使われる被せ物の種類

差し歯は被せ物が必要となる治療方法です。保険が適用するものから自費診療のものまでさまざまな素材があります。

硬質レジン

保険が適用する被せ物には「硬質レジン」が用いられます。これはプラスチックを使用しているものとなり、長年使用すると変色する可能性があります。しかし保険が適用することから安価で白い歯を入れることができます。

銀歯

保険適用では奥歯に使用される素材は金属でできた銀歯となります。金属を使用しているため金属アレルギーを引き起こす可能性がありますが、強度は強いものとなります。

セラミック

自費の素材にはセラミックを用いることがあります。これは陶器と同じような素材となり汚れが付きにくく、見た目も美しい素材です。デメリットは保険が適用しないため高額になるのと、セラミックの性質上割れたり欠けたりすることがあります。

ハイブリッドセラミック

プラスチックとセラミックを混ぜたものを「ハイブリッドセラミック」といいます。これも自費診療のため高額なものになりますが、セラミックと比較するとやや安価になります。デメリットはプラスチックを使用しているため、長年使用すると変色する可能性があります。

ジルコニア

人工ダイヤモンドでも知られているジルコニアは強度が強く、変色もしない素材です。これも自費診療となります。特徴としてセラミックと比較すると審美性は劣りますが、かみ合わせが強い方に向いている素材です。

メタルボンド

内側は金属、外側にセラミックを使用した自費の素材となります。これはセラミックを使用しているため審美性が良く、内側は金属のため強度が強い素材です。しかし金属アレルギーを引き起こす可能性があるため金属アレルギーをお持ちの方は使用することができません。

まとめ

インプラントと差し歯の違いと、差し歯に使用される被せ物の種類について紹介しました。どの治療方法も被せ物も歯科医師とよく相談してから選ぶようにしましょう。

 

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

Pocket

2021/08/06

入れ歯が合わなくなる3つ原因と対処法を紹介

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

歯科医院でご自身に合った入れ歯を作製しているはずなのに「合わない」ということがまれにおこります。今回は入れ歯が合わなくなる原因と合わないときの対処法を紹介します。

入れ歯が合わない原因

なぜ入れ歯が合わないのでしょうか。その原因は以下のような3つの原因が考えられます。
・長い間入れ歯を使っている
・入れ歯が不衛生になっている
・顎の骨が変化している
それぞれ詳しく解説します。

 

長い間入れ歯を使っている

入れ歯はかみ合わせによりすり減っていくものです。入れ歯を長く使用している場合は、摩耗していることが多く、そのような入れ歯は合わなくなる可能性が高くなります。

 

入れ歯が不衛生になっている

入れ歯にも歯垢(プラーク)は付着します。歯垢は細菌の塊です。そのなかにはカンジタなどの菌類が入れ歯の素材に付着して変質させてしまうことがあります。また、入れ歯についた歯石をそのままにしておくと、入れ歯の形が変わってしまい合わないといった状態になりやすいです。

 

顎の骨が変化している

顎の骨は日々変化しています。骨は骨吸収と骨形成が絶えず行われており、代謝によって骨が造られています。しかし、高齢になると骨を造る代謝の速度が遅くなり、顎の骨がやせてしまうことがあります。その結果入れ歯が合わなくなる可能性があります。

 

入れ歯が合わないときの対処法

合わなくなった入れ歯をご自身で対処する方法には「入れ歯安定剤」使用することが挙げられます。入れ歯安定剤には主に「義歯粘着剤」と「ホームリライナー」のタイプに分けられます。それぞれどのようなものか紹介します。

 

義歯粘着剤

義歯粘着剤は、お口の中の唾液や水分の粘性を高めて、入れ歯の維持力を向上させるものです。義歯粘着剤には主に3つのタイプに分けられます。それぞれの使い方を紹介します。
・粉末タイプ
入れ歯を濡らしてから、粉末を振りかけて使用します。吸着力も大きいのに対し、厚みはほとんどありません。しかし耐久性はありません。
・クリームタイプ
入れ歯の粘膜面に塗布して使用します。最も長持ちするタイプとなっており、吸着力も大きいものとなります。
・テープタイプ
テープを水に湿らせてから、入れ歯に合わせて貼ります。使い方は簡単ですが、頻繁に取り替える必要があります。

 

ホームリライナー

ホームリライナーは入れ歯と粘膜のすき間が大きいときに使用します。ゴム状のもののためクッション性があり、粘着力は強いものとなりますが、厚みによってかみ合わせも変わってしまうことがあります。

 

まとめ

入れ歯が合わなくなる原因にはかみ合わせの部分がすり減っていたり、骨の変化によって合わなくなったりすることが考えられます。入れ歯安定剤を使用することでご自身でも調整することはできますが、このような対処法は応急処置となります。入れ歯が「合わない」と感じたら歯科医師に相談しましょう。

 

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

Pocket

2021/08/06

小児矯正はどこの歯科医院がいい?受診する歯科医院の選び方

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

子どもの歯並びや噛み合わせが気になってきたけど、どこの歯科医院で矯正をしたらいいのか疑問に思う方も多いはず。そこで今回は小児矯正の受診する歯科医院の選び方をポイントを解説します。

小児矯正を始める必要性

子ども矯正はあごの骨の成長過程を利用し、バランスを整えて矯正をします。受け口などあごの成長に影響を受けてしまう症例では、早期に治療を始めた方がいいとされています。

大人になってから矯正治療を始めると、歯を並べるスペースが足りないため、歯を抜いて歯並びを整えます。子どものときから矯正治療を始めることで比較的短期間で終わったり、歯を抜かないで矯正ができる場合があります。

子ども矯正では、口呼吸や指しゃぶりといった悪習癖の改善ができます。正しい呼吸や食べ方、話し方といったお口の本来の機能の発達を促します。そのため生涯にわたって正しいお口の使い方が、自然に身につきます。

また定期的にお口の健康管理をするため、むし歯や歯周病など予防ができます。

受診する歯科医院の選び方

子どもの矯正を考えたときに、歯科医院の選び方のポイントを解説します。

矯正相談時にしっかり説明をする

治療を開始する前に「矯正相談」を設けている歯科医院が多くあります。矯正相談では精密な検査をせず、大まかに費用、期間、通院頻度、矯正方法を説明する場です。

矯正相談時にしっかり説明をする歯科医院を選ぶと良いでしょう。しかし相談時に迷っているのにもかかわらず、強引に治療の契約を進める歯科医院は注意が必要です。

矯正治療に必要な設備が整っている

矯正治療はお口の中の状態や骨の状態など、矯正治療に必要な資料を集めて分析する必要があります。

例えばお口のレントゲンのほかに、頭部のレントゲン撮影を行います。そのような設備が整っているか歯科医院のホームページか、相談時に確認することをおすすめします。

矯正歯科と小児歯科どちらがいい?

矯正歯科を掲げている歯科医院は、専門的な知識や技術が十分と考えられるのに対し、小児歯科はむし歯や歯周病の治療や予防とともに、歯の生え変わりやあごの成長過程に応じて、矯正治療が行えます。

歯科医院には矯正歯科や小児矯正を掲げてる歯科医院があります。しかし矯正歯科、小児歯科と標榜しても専門医や認定医とは限りません。専門医や認定医は、矯正歯科学会や小児歯科学会の決められた症例数を満たし、難関な試験に合格したものに与えられる資格です。

歯科医院のホームページやかかりつけの歯科医師に相談しながら、慎重に決めることをおすすめします。

まとめ

大人になってからだと歯を抜く必要がある矯正でも、子どもの頃に行うことで歯を抜く可能性が低くなります。あごの骨の成長過程での矯正は、子どものときでしかできません。

受診する歯科医院は設備の整っており、できれば専門医または認定医がいる歯科医院がよいと考えられます。

子どもの歯並びが気になったら、まずは早めにかかりつけの歯科医院で相談することをおすすめします。

 

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

Pocket

2021/08/06

歯周病に罹患していてもインプラントはできる?|歯周病のリスク

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

日本人の8割が罹患している歯周病ですが、自覚症状がないため歯が動揺したり、抜けるまで気づかない方がほとんどです。歯を失ったときの選択肢にインプラントが挙げられますが、歯周病に罹患している場合はリスクがあります。今回はインプラント治療における歯周病のリスクについて解説します。

インプラントと歯周病の関係

歯周病はお口の中の歯垢が原因で、歯肉に炎症を起こし、進行すると歯を支えてる骨を溶かす恐ろしい病気です。日本人の8割が罹患していると言われており、自覚症状がないことから、気づいたときにはある程度進行してしまうことが多いです。

インプラントになる原因は、歯周病に罹患して歯を失ってしまったことが多いのですが、リスクを十分に理解していないと、脱落といったトラブルになりがちです。

インプラントは歯肉との付着が、天然歯に比べるとほとんどなく、歯周病菌が侵入しやすい環境になることがわかっています。そのため、歯周病菌が原因でインプラントに周囲に炎症を起こす可能性があり、インプラント周囲の粘膜に炎症が起きているものを「インプラント周囲粘膜炎」とよばれ、骨にまで到達した場合、「インプラント周囲炎」になり脱落する恐れがあります。

インプラント治療における歯周病のリスク

歯周病に罹患している方が歯周病治療を行わず、インプラント手術を行うと「インプラント周囲粘膜炎」や「インプラント周囲炎」になる可能性が高くなり、結果インプラントが脱落するリスクがあります。

天然の歯の歯周病と比べると、インプラントの歯周病は進行が非常に早く、歯周病に罹患している方は注意が必要になります。

術前の検査と歯周病治療が大切

歯周病に罹患していても、手術を受けることができますが、術前の検査と歯周病治療が非常に大切になります。歯周病治療を受けずインプラント手術を行ってしまうとインプラントが長持ちしない結果になります。

術前にしっかり検査を行い、歯周病治療を行ってからインプラント手術を受けることで、インプラントの脱落といったリスクを最小限にすることができます。

また術後も歯周病治療の継続と、定期的なメンテナンスやセルフケアを行うようにしましょう。

まとめ

歯周病に罹患しており、インプラントを検討されている方は、しっかり検査を行い適切な処置を行う歯科医院に通院することをおすすめします。

なかには歯周病に罹患していても、お金儲けのことだけしか考えいないため、歯周病治療を行わず、インプラント手術をすすめる歯科医院もあるため、歯科医院選びが非常に大切になります。

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

お気軽にお問合せください お問合せフォームはこちら
木村歯科医院

〒739-2612
広島県東広島市黒瀬町丸山1420-1
ビッグハウス黒瀬店横(黒瀬支所隣)

バリアフリー施設

当院は高齢者やお身体の不自由な方のための訪問診療(往診)にも積極的に 取り組んでおります。お気軽にご相談ください。

耳の不自由な方には筆談診察を行っております。安心して受診して頂けます。

  • 初診の方へ
診療案内 メニュー
求人情報
  • ネット予約24時間
  • 子育て応援イクちゃんサービス加盟医院
  • 広島市にお住まいのかたへ