前歯にも入れ歯は使える?| 東広島市の歯医者 東広島市黒瀬木村歯科医院

平日は毎日診療!個室有ります。バリアフリー設備完備。キッズルーム完備。
お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ

前歯にも入れ歯は使える?

Pocket

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

 

何かしらの理由で前歯を失ってしまったら「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」が治療の選択肢として挙げられます。今回は前歯を失ったら入れ歯を使うことができるのか解説します。
 

前歯に入れ歯は使うことができる

前歯を失ったときは、前歯に入れ歯を使うことができます。前歯以外の入れ歯と同様に、機能性と審美性の回復は見込めます。しかし前歯は奥歯よりも見た目が重要視されることから、ブリッジやインプラントを勧められることが多いでしょう。
 
例えば前歯が1本失ってしまった場合は、ブリッジやインプラントを入れた方が入れ歯よりも審美性と機能性は上回ります。
 
なかには前歯が1本の入れ歯の患者様もいます。ブリッジは両隣の歯を削って被せ物をするため「健康な歯を削りたくない」場合や、「インプラントのリスクを回避」したい場合は入れ歯治療の選択をされます。前歯の入れ歯でも、目立たない入れ歯で審美的な回復が可能です。
 
また若年層の方は、スポーツや事故で前歯を失ってしまうことがあります。ブリッジが難しい場合や、将来的にインプラントを考えている場合は、前歯を入れ歯にしてインプラント治療ができるまで過ごすことがあります。このように前歯の入れ歯は使うことができます。
 
大切なのはどの治療方法もメリットとデメリットがあります。前歯を失ってしまった場合、治療の内容をしっかり理解して選択をしましょう。
 

前歯は審美性と機能性を考慮しなければならない

前歯の入れ歯は機能性はもちろん、見た目が重要視されます。どんなによく噛める入れ歯でも見た目がよくなければ、治療に満足できません。
 
そのため前歯の入れ歯には金属の金具がない「ノンクラスプデンチャー」と呼ばれる審美性の高い入れ歯をおすすめすることがあります。
 
ノンクラスプデンチャーは保険適用外の自費診療になります。そのため高額な治療方法になりますが、審美性が高く、軽くて薄い仕上がりで違和感が少ない入れ歯です。また金属を使用しないので金属アレルギーの心配がありません。
 

まとめ

前歯を失ったときの治療方法で入れ歯を作ることができます。前歯の入れ歯は審美性が重要視されるため、機能性と審美性を兼ね備えた入れ歯を作る歯科医院を選ぶことが大切です。
 
そして治療方法を選択する際に重要なことは、治療方法をよく理解して、最善な選択肢かどうかしっかり考えることではないでしょうか。

 

広島県東広島市 医社)一水会 木村歯科医院

歯科医師 院長 木村 慶子

お口の悩みや不安などお気軽にご相談ください。 メールでのご予約・お問合せはこちら
お気軽にお問合せください お問合せフォームはこちら
木村歯科医院

〒739-2612
広島県東広島市黒瀬町丸山1420-1
ビッグハウス黒瀬店横(黒瀬支所隣)

バリアフリー施設

当院は高齢者やお身体の不自由な方のための訪問診療(往診)にも積極的に 取り組んでおります。お気軽にご相談ください。

耳の不自由な方には筆談診察を行っております。安心して受診して頂けます。

  • 初診の方へ
診療案内 メニュー
求人情報
  • ネット予約24時間
  • 子育て応援イクちゃんサービス加盟医院
  • 広島市にお住まいのかたへ